薬剤師転職WEB

薬剤師から不動産業まで様々な転職に関する口コミ情報満載。
様々な業界で転職を経験した、又は転職を検討したという方の様々な体験談、ご意見をまとめて掲載。これから転職をしようという方、転職を検討している方、転職で悩んでいる方にはきっと興味をひく話もある筈です。是非参考にしてください。

最新ニュース

薬剤師が転職するには

新卒から調剤薬局で薬剤師を10年程続けてきました。大学や病院の先生ではなく、一企業の薬局という事で、サービス業感覚で、患者さんの要望やクレームが日々絶えません。転職する仲間も多くおり、離職率の高い仕事と言えます。

また調剤のスキルは身のつくものの、世間の動きとはかけ離れた部分も多く、違う職へ転職するもなかなかうまく行かずに職を転々としている方もいます。

私も体力の限界、また家庭とのバランスがうまく保てないことが増え、転職を考えているのですが、今のスキルで何ができるんだろう、と悩んでいます。

自分がやってきた仕事を棚卸して整理してみましたが、売りになるポイントが見つかりません。派遣登録も何社かしてみたのですが、PCスキルにしても英語スキルにしても自身が持てないのです。

現在は正社員で薬剤師として勤務しており、ボーナスもある中で、派遣だと時給の生活になるのも引っかかるところなのですが、この先転職しても子どもを持つことを考えているので、そんな生半可な気持ちで受けても落ちてしまうかな、と思って躊躇しています。

多分こんな気持ちになっているのは、次の目標がしっかり決まっていないからだと自分でも分かっているんですけどね。なんかもやもやと日々過ごしていることに不安があります。

取り敢えず幾つかの転職サイトに登録してみました。

薬剤師転職.JAPAN
http://shigotrip.jp/

まだまだ不安ではありますが、定年はまだまだ先の事なので薬剤師として頑張っていこうと思います。

年齢と転職回数

派遣の職場見学にて感じたことです。派遣で次の職場に移るという事は、世間からしたら転職には変わりないんだろうな、と面接官の発言からそう読み取れた気がします。スキルシートを派遣先に提出しているのですが、転職回数が多いほどそのスキルシートの欄が多いのです。

これをプラスに見てくれるか、マイナスに見てくれるかは担当者次第なのですが、職場見学をする立場からすると少し気になる点ではあります。

特に女性は結婚や出産により短時間勤務しかできない場合もあり、難しい場合には転職をして生活に合わせた働き方をする必要があります。

短期間で動いている面しか見てくれない企業ですと、長居してくれない、すぐにいいところを見つけて行ってしまうかも知れない、という気持ちになってしまうのかも知れません。そこが派遣の職場面接ではなかなか伝えられないところであるので、もどかしい気持ちになります。

また年齢に関しても募集時は問わないケースが多々ありますが、実際に職場の年齢層を見て採用か不採用かを決めているところもあると聞きます。

こればかりは仕方がありませんので、見合う職場を探すしかないのですが、年齢と転職回数をじっくりと見られてしまう職場は何だか窮屈だなと感じました。